底辺からアジア1位になったFPSプレイヤーBYCMくんの軒下 |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by BYCMくん on  | 

『ミュージアム』オススメ漫画紹介・レビュー7

オススメ漫画紹介・レビュー7
『ミュージアム』



最近漫画のレビューばっかりかいていたら、わたしの漫画の趣味がばれてしまったようで、なかなか恥ずかしいですね。
でもやっぱり好きな漫画をたくさんの方に知ってほしいので、かける限りはかこうかな。
変な漫画ばっかすきとか言われちゃいますけどw

この作品はついこの間最終巻が出たばっかりのものです。
内容は三行でまとめると
・連続猟奇殺人事件が起こる
・どうやら刑事である主人公の妻が次に狙われるらしい
・犯人と対峙しつつ主人公がんばる

ですね。

わたしはやっぱりこういった人がたくさん死ぬ漫画がすきなんですね。
もうわたしの本棚こんなんばっかですよ!
この『ミュージアム』はその中でもけっこうグロイ部類じゃないのかな。
特に一巻は遠慮なく人死にまくっています。
痛そうな描写も多いです。

犯人の蛙男(蛙のマスク被った男)が、圧倒的なまでの能力者で、これは一人の犯行不可能だろってことまでやってのけているのが見所です。
どこでそのスキル身につけたの!?ってなります。
蛙男まじすげーよ。
主人公の沢村も刑事の勘ハンパないし。
それもはや超能力の域だよ!?って思っても、漫画の中では誰も突っ込まず…。
思わず読んでいてわたしが突っ込んでしまいました。

お話のラストはかなり意味深長でした。
いろいろ想像させられる終わりでしたね。


ちなみにこの漫画の最終巻である3巻には、巴先生の以前描かれた『僕らは親友という体で』という作品が収録されています。
これも不気味で面白い作品なのでオススメです。





スポンサーサイト
Posted by BYCMくん on  | 1 comments  0 trackback

『ミスミソウ』オススメ漫画紹介・レビュー6

オススメ漫画紹介・レビュー6です。

『ミスミソウ』


これはいま人気の『ハイスコアガール』の作者である押切先生の作品です。

内容は三行でにまとめると
・主人公は転校生でいじめられっこの美少女で相場くんという男の子が唯一やさしくしてくれて心の支え
・ある日家に帰ったら家が放火されていて、家族みんな焼死
・犯人は主人公をいじめているクラスメイトだから、復讐してみんな殺してやる

です。


もうねー、これ主人公の春花ちゃんが不憫で不憫で…。
彼女がなにをしたっていうんだ…。
彼女を襲う不幸の連続。
家族ちょういい人たちやってのになんでこんな悲惨な死に方せなあかんのや!
作者に理不尽な怒りをぶつけたくないりますね。
話は延々欝で救いがないです。
ほんのちょっともないです。
ひたすら不快な憂鬱さに苛まれます。

この作品…というか、押切先生はあまり絵がうまくありません。
素人目にもうまくないなと。
でもね、妙に魅力があるんですよ。
なんだか惹きつけられて、結果何回も読み返してしまいます。
雰囲気作りが上手なのでしょうね。
だから読後感は鬱々しているのに中毒性があるのですよ。
でもコミックスの最初と最後ではびっくりするくらい絵が上達していました。
押切先生がんばったんだね!と子供の成長を喜ぶ母の如くよろこんでいます。
内容的にアニメ化は難しいでしょうが、もしアニメ化するんなら、絶対みます。
してくれないかな~むりか~。
暴力表現がすごく強いですからね。

上に張ってある画像は完全版ですが、わたしは完全版が出る前にでたこちらを持っています。


完全版は加筆修正されているらしいし、今度買わなきゃな~。









Posted by BYCMくん on  | 1 comments  0 trackback

『極黒のブリュンヒルデ』オススメ漫画紹介・レビュー5

オススメ漫画紹介・レビュー5
『極黒のブリュンヒルデ』


春アニメとして注目を集め、人気を博すも、衝撃的な最終回で話題になった作品です。
作者はあの『エルフェンリート』の岡本倫先生。

内容は三行にまとめると
・主人公、昔に事故で死なせてしまったクロネコにそっくりな子と出会う
・曰く、わたしは研究所の実験により作られた魔法使いで、鎮死剤って薬ないと死ぬ
・主人公はいろんな女の子とハーレムしながら研究所の敵と戦ったり鎮死剤調達に奔走したりがんばる

です。


漫画はSFが基本で、ギャグ要素やハーレム要素も多いです。
かわいい女の子がかわいそうな目にあう率が高く、やたら悲惨な死に方をします。
わたしこういうの好きなので、アニメすごく楽しみにしていたのですよ。
で、実際アニメの放送をみてみると、原作よりもわかりやすくなっているし、声優さんも合っているし、OPは珍しくもインストでちょうかっこいい!!!!
これは神アニメの予感…と震えました。
ですがそれも途中までのこと。
7話くらいから陰りがみえはじめたのです。
なんか…展開早くなってない?
ちょっと…端折りすぎじゃない?
妙に…強引じゃない?
いや、でもまだまだ俺たちの戦いはこれからだし!と気を取り直しても、不信感は募るばかり。
そして10話。
1クールしかないのに、突然のOP変更。
そんなことする予算あったらもうちょっとゆっくり進めてほしい…です。
OPは…う~んまあ、めちゃくちゃ悪くはないけど、やっぱり前のOPが最高だっただけに残念。
あんなにあっていたのに変えてしまうなんてもったいない。
10話からは怒涛のたたみかけの連続でした。
重要なシーンを省く省く。
これは……と愕然とする視聴者を尻目に話はどんどん進んでいきます。
最終話ではもう目も当てられないほどのぶっ飛び展開。
ヤバイ。まじでヤバイ。
ものすごく楽しみにしていただけに、このショックは計り知れないです。
ホンマにあんな展開が許されたんか。
これ、ファンなめられすぎっしょや。
あかんでー。

というわけで!わたしは絶対にこちらの原作コミックスをおすすめします。
『極黒のブリュンヒルデ』


原作はもっといろいろあっておもしろいです。
サービスショットもいっぱいですよ。
アニメは途中まではいいのですが、本当に原作を使い捨てにしています。
途中までよかっただけに、残念でしょうがありません。
全部放送できないなら、俺たちの戦いはこれからだ!~END~でよかったのに…。
頼むからアニメを作り直してほしいです。





Posted by BYCMくん on  | 1 comments  0 trackback

『ヴィンランド・サガ』オススメ漫画紹介・レビュー4

オススメ漫画紹介・レビュー4をはじめます。
今日はこれ。
『ヴィンランド・サガ』


内容は三行でまとめると
・主人公、父の仇をうつために、仇のそばにいて日々虎視眈々と剣の腕を磨く
・いろんな敵と戦う
・後に彼らはヴァイキングとよばれる

です。


この作品は驚くくらい絵がうまいですね。
あまり女性向けではないかと思いますが、女性ではないわたしはだいすきですねこういうの。
ゴリマッチョばっかり。
というか若い男でてこない。
オッサンばっか。
でもこのオッサンがうまいんですよ。
戦闘シーンも躍動感がありますし、人間の体のかき方がいいと思います。

内容はね、もう人の命が軽い軽い。
大安売りの大バーゲンかってくらい安くってばんばん死にすぎ!
主人公のトルフィンはかわいい顔してるのに容赦なく殺しすぎです。
みんな指なくなっても足なくなってもふつうに戦ってるし。
ヴァイキングつよすぎ。
人間の限界超えてます。

あと、過去編が意外と長かったなと思いました。
月刊のアフタヌーンで連載していてこれは続きが気になってしょうがないです。
過去編おもしろかったです・。
父上、人としての器でかすぎ。
こんな父上すごいわ。
そりゃトルフィン氏もそんな尊敬する父上殺されちゃ怒るわ。

ブリテン編では、あの神父っちゅーか修道士の言ってることが難しすぎて…。
抽象的すぎてKunの鳥頭では理解できませんでした……。
理解できる覚醒クヌートハンパねえ。
キッズたち、だめなKunを許してくれ。


これは最近ではCMで広告をうっていたりするのですが、このCMがすごく面白そうに編集されているんですよね。
購買意欲そそられるうううう!!!と思わずなります。
いろんな人に読んでほしいと思っているのでこういった広告はうれしいのですね。






 

Posted by BYCMくん on  | 1 comments  0 trackback

『東京喰種』オススメ漫画紹介・レビュー3




オススメ漫画紹介・レビュー3
『東京喰種』


いまアニメが絶賛放送中の東京喰種です。
内容は三行にまとめると
・主人公が人間から喰種になってしまう
・めっちゃ葛藤
・喰種として生きつつ戦ったり仲間作ったり

ですね。

とりあえずこの漫画、非常に絵がきれいです。
最初からフルデジタルで作画していたのですが、巻を重ねるにつれて、より自然なアナログに近い絵になったと思います。
喰種の生活は読んでいてふむふむとなりました。
でも正直マスクはいらんだろwwと。
あれ絶対戦いにくいだろ。酸欠になるし。
マスクかっこいいですけどね。
あと初期設定よりも喰種の人数と強さとがハンパなく増えてる…!!
最初はもっと正体不明な新種の生物って感じだったじゃん!
これは彼岸島に通ずるものがあるなと思いました。

主人公のカネキくんは、喰種になったことに対する葛藤でかすぎや。
戸惑うのはわかるけど、そこまで我慢しなくたって…。
Kunは我慢のきかない戦士なので、なんの葛藤もなく受け入れてしまうだろう……。



それとコミックス派のわたしは7巻の表紙がはじめアオギリのボス…?ダレ…?となりました。


まさか……いや、いわない!
それは読んだ人のお楽しみにとっておきます。

いま放送中のアニメはグロが不自然な光や影で隠されまくっていて残念です。
もっとはっきりみたかった。
これはブルーレイでの修正待ちしかないですね。
内容はちょこちょこ変わっていましたが、今のところは違和感ないです。
リゼさんの幻覚が最初から出てきているのは良い改変だったと思います。
OP、EDともにあっていたと思うし、続きが楽しみです。
アニメはアオギリあたりまでかな?
サクサク進んでいるので、駆け足にならないかが心配です。







Posted by BYCMくん on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。